[3変]同じような味だったと記憶していましたが、全然違いました!神戸餃子の「ひょうたん」と「赤萬」

神戸の三宮、元町では、餃子を味噌だれで食べるのが一般的です。
学生の頃は普通の餃子のたれの方が好きだったのですが、最近は断然、味噌だれの方が好みなんです。
というわけで、久しぶりに神戸の餃子専門店の有名どころ2店を食べ比べに行ってきました。

まずは高架下にある「ひょうたん」

画像もちろん行列に並びまして、15分後に店内へ・・・

店内はお客さんがぎっしり

テーブルやカウンターの間が狭いので、ホントにぎっしりという感じです。

とりあえず、と言うか当たり前のように餃子2人前と小ビールを頼みました。

メニューは餃子だけなので定番メニューと言うより、これしかないわけです。

餃子はこんな風にお皿に盛られて出てきます(笑)

そして餃子には美味しそうな焼き目がついていますが、実はすごく柔らかい餃子なのです。
画像
それと意外と薄味なので、味噌だれをつけることでこの餃子が完成するという感じです。いやあ、旨い、旨いもちろんビールが進むお味

そして続けて向かったのが「赤萬」

画像こちらも行列に並び10分後に入店・・・

以前よりもお店がだいぶキレイになっていて、びっくり

昔ながらの餃子専門店というと、
壁には色褪せたメニューが貼られてあって、
テーブルやカウンターには年季の入った容器に味噌だれが入れてあって・・・
というイメージなのですが、全然違ってました

ここでも餃子2人前と小ビール

こちらはきちんと餃子ラインを作ってお皿に並べられています。

画像
焼き目はやや少なめですが、逆に表面の歯応えはパリッとしていて香ばしいです。

画像それと餃子自体の味付けもこちらの方がしっかりしていて、味噌だれを少しつけるだけで十分にOK

僕はこっちの味の方が断然好みです。

ビールもキリンラガーなのが嬉しい

でもこんなに味の違いがあったけか

2店の味はまさに食べる人の好み次第

僕が学生時代の記憶とはまた違った味に感じるのは、僕の味覚が変化したせいなのか、お店の味が変わったせいなのか分かりません。

でも、自分の好みの味を見つけるのって楽しいもんです
どちらもニンニクはたっぷり入っていますので、匂いのケアは忘れずに。。。

"[3変]同じような味だったと記憶していましたが、全然違いました!神戸餃子の「ひょうたん」と「赤萬」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント