[3美]アジア料理巡り3:リゾートアイランドでもまた食べました・・・レンボンガン島のランチバイキング

バリ島沿岸の海は波が強いので、サーフィンには向いているかもしれませんが、シュノーケリングやダイビングには向いていません。
ということで、バリ島本島からスピードボートで約40分の所にあるレンボンガン島にやってきました
画像
ここはまさに頭の中で思い描いていたビーチリゾートの世界

やっぱり海外旅行は海だなあって思います
画像
到着後、こちらのビーチクラブで水着に着替え、両親を置き去りにして沖合のポンツーンに向かいました。
ビーチよりも透明度の高いシュノーケリングポイントポンツーン(巨大なレジャーボートみたいなの)が浮かんでおり、そこを拠点にしてシュノーケリングするわけです。
画像
ここはめちゃキレイな海で熱帯魚がうようよ
ポンツーンでは、いつ何をしてもOKなので、休憩したくなったら適当に休み、泳ぎたくなったらまた泳ぐ、という感じで、2時間半ほどきれいな海の上で過ごしました。
(残念ながらビールは売ってませんでした。。。
画像

さて、ポンツーンを離れてランチタイムです。
水着を着替えてからビーチクラブで両親と合流し、インドネシア料理のバイキング。
画像
バイキングといっても、バリ島に来てから何度も目にした料理がたくさん並んでいて、適当に盛り付けましたが、やはり何回か食べたことのあるような感じのランチになってしまいます(笑)
でも、これも普通に美味しいので全然OKです。
というか、全然飽きないのが不思議(笑)

さて、レンボンガン島へはオプションのツアーを申し込んだのですが、やはりこれはツアーが正解ですね。
画像
日本語を話してくれるスタッフの方がいると、とても心強いのです。
例えば、ここはレンボンガン島に向かうボートの待合所なのですが、もう色んなツアーの人たちが皆、ここで待つことになるので、どこにどのツアー参加者が座っているのか、全く分からない状況です。
画像
もし個人で来ていたら、僕はボートのチケットをちゃんと買える自信はないですし、ボートの出発が20分遅れてることや、他のツアーの人たちと一緒に移動することなど、全く分からなかったと思います
ガイドさん、本当にありがたし。。。

画像
レンボンガン島にはまだまだ他にも楽しめる場所があるので、ぜひ再訪したい島となりました

この記事へのコメント

2019年06月14日 20:59
こんにちは
もうずいぶん前ですが、私も現地ツアーで行ったと思います。忘れたけど。子供がまだ小さく思いっきり遊んだような^_^
ツアーって良いですよね。20年くらい前に南の島に行った時には、現地人ツアコンが日にち間違えて連絡したら、じゃあ明日って、、。南の島時間を経験しました。今となっては思い出です^_^
2019年06月15日 13:16
こんにちわ!

これぞまさしく「リゾート」ですね。
いやぁー写真見ていて癒されます♪
やっぱり海外旅行はガイドさんがいた方が心強いって思えますね。
1人海外旅行するほど精神的にタフでもないので、、、
それにしても親孝行ですね。
反省してしまいました。
2019年06月17日 01:55
シグまろXさん

こんばんは!
ツアーだからこそ楽しめることもあれば、ツアーだから楽しめないこともありますよね。
でも全般的には、”おもてなし”を受けている感があって、すごく良かったのです。
2019年06月17日 01:57
ラスティネイルさん

こんばんは!
ガイドの人が移動中に、日常生活のことなんかを色々と話してくれるのが面白かったですよ。
しかもそんな細かい話を日本語で説明してくれるのだからスゴイ(笑)
もちろん英語もインドネシア語も喋れるんですから、僕らより遥かにすごいです!
親孝行・・・というほど孝行していなくて、いざという時に何かあったら大変だからついてきてあげた、くらいの旅行です(笑)
とか言いながら十分に僕も楽しんできたので、いい旅行でした。

この記事へのトラックバック