アクアビットの一喜一憂

アクセスカウンタ

zoom RSS [3凄]やはり見事な銃さばき!医者じゃなくて、ジョン・マクレーンでしょ?・・・「デス・ウィッシュ」

<<   作成日時 : 2018/11/09 01:38   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

久々のブルース・ウィリスの映画です。
見なきゃいかんでしょ、という軽い気持ちで観に行ったのですが、これがまた良かった
予告編を見た感じでは、よくある復讐もののアクション映画かなと思っていたのですが、けっこう重い内容も含まれていたりして、印象に残ったのはやはり父親の家族愛でした。
それと、ブルース・ウィリスは相変わらず苦悩する男の演技が上手いですね。
画像
       (画像は全て公式サイトからの引用です)

この映画ではブルース・ウィリスは刑事ではなく腕利きの外科医なのですが、ある日、強盗殺人事件で妻を失い、最愛の娘も重体で意識が戻らない状態に…
日頃から凶悪事件に巻き込まれた患者を手術室で目にしていたブルース・ウィリスは、ついにその正義感と復讐心から銃を手に取ることを決意するわけです。
画像

といっても外科医ですから銃の知識も腕もありません。
ネットの動画で知識を得て、銃の組み立て方から撃ち方まで猛勉強するのですが、この辺りが意外と面白かったりします。
あと、銃ってこんな感じで買えるんだ〜、とか(笑)

さて、いよいよ凶悪犯罪者狩りが始まります。
最初の頃は銃の素人っぽさも見てとれるのですが、しばらくすると銃の構え方から撃ち方まで、僕たちがよく知っているブルース・ウィリス
「やっぱりあんたはこうでなくちゃいかん」というくらい、めちゃかっこいいのです(笑) ←医者だってことを忘れてないか
画像

やがて、ネットで拡散する凶悪犯罪者の死刑執行人は英雄とも死神とも呼ばれて、ついに警察もブルース・ウィリスを殺人犯として追うことに…
こうなると観ている方は、ブルース・ウィリスを応援するに決まっています。
「現場にそんなに証拠を残さないでくれ」とか、「怪我の跡を何とか隠してくれ」とか思いながら観るわけです(笑)
画像

いよいよヤバい、という後半の銃撃戦はまさにダイ・ハード並みの激しさ
外科医のはずなのに、その姿は間違いなくジョン・マクレーンでした(笑)
いやあ、カッコいい
画像

そして最後は刑事の粋な計らいがあったりして、気持ちのいい終わり方でしたよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!

めちゃくちゃ褒めまくりですね。
もう深読みせずに気楽に見れば楽しい映画って事だったのかもと今は思います。
銃を打つ練習なんて打ちなれてるでしょって言いたくなるくらい様になってますよね。
ラスティネイル
2018/11/10 10:51
ラスティネイルさん

こんばんは!
そうなんです(笑)
好きな俳優さんが、好きなタイプの作品で活躍する映画となれば、もうベタ褒めです(笑)
僕の評価基準は、観終わった後の充実感や満足感ですので、あまり深読みしないんですよね〜♪
アクアビット
2018/11/11 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
[3凄]やはり見事な銃さばき!医者じゃなくて、ジョン・マクレーンでしょ?・・・「デス・ウィッシュ」 アクアビットの一喜一憂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる